TOP  投稿事例のご紹介

投稿事例のご紹介

先生の投稿の一部をご紹介します。

側弯症診断システム(2020年販売開始)

診断機器 側弯症 早期診断

側弯症の早期発見を実現することを目指した側弯症診断システムを開発。2020年2月に一般医療機器として、側弯症学校検診および医療機関向けに、国内発売を開始。

本事業をどう活用したか

特に知財やマーケティングをはじめとする事業化において、専門家のアドバイスを必要としており、2015年に本事業にシーズ登録。POC(Proof Of Concept)の試験設計や、2018年には海外の市場性についても簡単にフィードバッグをもらい、また研究資金獲得もサポートを受けた。

非侵襲で、高速かつ正確な診断

脊柱側弯症(側弯症)は、通常は真っ直ぐに並んでいる背骨がねじれて側方または前後方に歪む疾患であり、心理的ストレスや、腰痛、背部痛による運動機能障害、さらに重症例では呼吸機能障害により生命予後への影響がある。調査によると、13-14歳の女児での発生率は2.5%(Ueno et al. J Orthop Sci 2011)と分かっており、重度になった際の手術は体への侵襲が大きく、入院の費用が高額になるため、早期発見と早期治療が重要であるといわれている。そのため学校保健安全法によって、小・中・高等学校と高等専門学校の全学年で側弯症の学校検診の実施が定められている。しかしながら、学校医が限られた時間の中で大人数の検査をすることは難しく、視診や触診が行われているが、視診や触診による側弯症検診は、疾患の見落としや記録の欠如が課題となっており、また学校医および児童・生徒にとっても負担が大きい。
本機器は、LED光源を使用し、被検者背部を3次元(3D)撮影し、背部の対称性を視覚的に描出するために、モアレ様画像へ変換することができる。取得した画像情報の個人IDとの紐づけができるほか、専用のキャリーケースに収納することで、学校健診現場で想定される持ち運びも可能となっている。
後はシステムの開発および改良を進め、側弯症診断支援のみならず、スポーツへの応用など多方面で患者さんの健康に寄与できるシステムを開発していきたい。
事例紹介リーフレット_慶應渡辺先生
事例紹介リーフレット 慶應渡辺先生


(pdf :1,002 KB)

(掲載内容は、2020年4月時点の情報になります。最新情報についてはお問合せください)
こちらのコンテンツは、日本医師会「医師主導による医療機器の開発・事業化支援事業」の業務委託先である株式会社日本医療機器開発機構が作成しております。本件に関する問い合わせ先はこちら。

投稿事例のバックナンバー